TM EIGO

TOEIC満点の英語好きが色々と書くブログ

【レビュー】TOEIC満点取得者が考える「英文解体新書」の4つの素晴らしさ

個人的に「英文解釈」という英語の学習ジャンル(?)が非常に面白くて、色々な本を読むのですが、最近では北村一真先生の「英文解体新書」という本が話題になっていますね。

英文解体新書: 構造と論理を読み解く英文解釈

今回は僕が読んでみて考えた本書の意義というか、素晴らしいと思った点をご紹介してみたいと思います。

とりあえず「英文解体新書」ってどんな本なの?

その前に、まずはざっくりとどんな本なのかをご紹介します。

 

本書は「英文解釈」という英語学習の重要テーマに焦点を当てた参考書の中で最高レベルの難易度のものです。

しかも参考書とはいっても、高校生向けというよりは大学生や大人向けといった内容のものです。(これについては後述します)

 

そして、「英文解釈」というのは、誤解を恐れずにものすごく簡単に言うと、「英文を、構造を把握したうえで正確に読む」という感じです。よく言われるSVOCなどですね。

 

個人的には、この「英文解釈」というのは勉強を通り越して、もはや趣味のような感じなので、これだけの面白い問題(?)を集めてくださっただけでも称賛に値すると思っています。

 

そんな視点で、作者でもないくせに、勝手に本書の意義を考えてみました。

「英文解体新書」がなぜ素晴らしいと思ったか

敢えて振り切ったレベル設定が楽しい

この分野の本は、本来は高校生向けにしてレベルを抑えて「難関大入試対策」みたいな形で出版することもできたはずですし、むしろその方が多くの層にヒットしたかもしれません。

 

しかし、敢えてそこの手加減(?)をせずに、良い意味でぶっちぎったレベル設定にしたことが本書の面白い点だと思っています。

 

かといって、専門書のような扱いにするわけでもなく、あくまで「英文解釈参考書」と銘打っているのは、まるで学生に対して「このレベルまで上がってきてね」と言っているようで非常に楽しいです。

これから英語を究めたい学生に英文解釈の1つの基準を示す

さっきも書きましたが、この本は受験対策として考えるとめちゃくちゃ難しいので、はっきり言って普通の高校生がこれを使って大学受験対策をするのはおすすめしません。

大学生でも、まあ平均的な大学生が気軽に取り組めるような感じではないです。

 

しかし、「本当に英語が好きで、これから究めていきたい!」という学生は、今は難しすぎてもいいので是非本書を買って、1つの目標として捉えてほしいなと思います。

 

おそらくこのレベルの英文解釈ができるようになれば、(単語や背景知識は置いておくとして)文構造で困ることは無くなるはずです。

そんな英語の高みを目指す学生の「基準」のような存在と捉えてみてください。

 

これを超えたら、あとはそれぞれの専門分野での英文をさらに究めていく準備ができていると思います。

普通に英語がほとんど読める(と思っている)大人に学習の機会を与える

これは正に自分自身もそうですね。

 

ある程度の英語力が付いて普段から英語を使っていると、基本的には自分が普段触れている英語は読めているので、「もう読めない英語とかはないんじゃね?あとは語彙の問題だけでしょ」という勘違いに陥ります。

(陥っていました。笑)

 

特に破格構文の部分や、複数の構文が組み合わさっているようなものは(詳しくは是非購入して読んでみてください!)初見では理解できないものが多く、改めて勉強を続ける必要性を認識できました。

趣味としての「英文解釈」を世に広げる

これまでも英語学習者にとっては「英文解釈」というのは学習プロセスとして当然知られているのは言うまでもないのですが、本書のような学生向けの枠を超えた英文解釈の本が人気になることで、学習のプロセスを超えて「趣味の1ジャンル」として定着してこないかな~、なんて思ってしまいます。

 

冒頭でも書いたのですが、個人的には「英文解釈」は趣味的な面白さがあると思っていて、例えるなら「詰め将棋」とか「数独」みたいな感じで、読解の練習としてだけでなく、それそのものも面白いんですよね。

 

是非そんな全国の英文解釈フリークのために続編にも期待したいと思います!

COPYRIGHT © 2020 TOEMANブログ